忍者ブログ

佐藤彦五郎新選組資料館、ビートルズ、旅行、絵画、新選組、佐藤彦五郎と土方歳三の姉のぶ直系子孫・福子の旦那、などについての日記。この難解な日記は、たぶん最低3回読まないと理解できないかと思われます。   拍手したり、褒めると、伸びるタイプです。

11月19日、ポール・マッカートニー『OUT THERE JAPAN TOUR』と銘打ったコンサートのため、東京ドームに行ってきました。

チケットは既に完売で、やっと手に入れたプラチナチケットです。

午後6時頃、水道橋に着くと、偶然、アウトゼア・ツアーのトレーラーに出くわしました。



こんな時間にこんな所をなぜ走っているのか?
でも、なんかいい予感がしました。





東京ドームの回りは大勢の人たちでいっぱいでしたが、ツアーグッズ売り場は長蛇の列!
最後尾の人は、間に合わないんじゃないか!と、ここでグッズはあきらめ、
中に入る事にしました。



場所はアリーナのBですけど、右側の方だったので、見にくいといえば見にくいのです。

まあ、でもノリノリの場所に間違いありません!



後ろを見れば、こ〜んなに沢山の観客が、開演をお待ちかねです。

6時40分、ポールの歴史を辿ったフイルムが流れだしました。
子供のころから、ビートルズを経て現在に至まで約30分間。
照明が落ちて、いよいよ開演!

オープニングがビートルズ・ナンバー「エイト デイズ ア ウイーク」
大盛り上がりですよ。


ステージ左右に設置された巨大スクリーン

ステージ前には、無人アームロボットカメラが動いていました




アンコールも2回あって、39曲、約2時間45分のステージは、紙吹雪とともに終わりました。

拍手[0回]

PR

雑誌に『各界50人に訊く 21世紀版、ビートルズのベストはどれだ!』
というのがあって、ミュージシャンや、評論家たちの
アルバム・ベスト5、ソング・ベスト5が載っていたのですが、
自分ならこうなんだけどな…と思ったので、
こんな場所を借りて、ちょいとやらさせていただきました、、、申し訳ない。

ビートルズ・ファンの皆様、お待たせいたしました!(誰か待ってたのか?)
ジャジャ〜ん!!
ALBUM
1.『ラバー・ソウル』1965.12 楽曲がいいのが揃ってる。音も凝っている。飽きない。
2.『ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!』64.7 サントラ、映画が良い。A面は粒ぞろい。
3.『アビイ・ロード』69.10 まとまっている。壮大なロックオペラ。
4.『ザ・ビートルズ』(ホワイト・アルバム)68.11 4人の個性が顕われた多方向性な楽曲が魅力
5.『リボルバー』66.8 変革期、実験的で凝ったサウンド。

SONGS(ベスト10にしました)
1.『ヘルプ』 
2.『ストロベリー・フィールズ・フォエバー』'67アルバム“sgt. pepper〜”に入れるべきだった
3.『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』
4.『愛こそはすべて』
5.『アイム・ダウン』
6.『ドライブ・マイ・カー』
7.『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』
8.『すてきなダンス』
9.『恋におちたら』
10.『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』

以上のようなランキングに決定いたしました。
松下さん、ど〜でしょうか?

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 12 14 15
16 17 18 19 20 21
23 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/26 カルティエ 指輪 メンズ]
[06/26 ブランド激安 通販 40代]
[05/16 えみーご]
[12/15 From弘前]
[03/24 めぐ]
プロフィール
HN:
chu
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]