忍者ブログ

佐藤彦五郎新選組資料館、ビートルズ、旅行、絵画、新選組、佐藤彦五郎と土方歳三の姉のぶ直系子孫・福子の旦那、などについての日記。この難解な日記は、たぶん最低3回読まないと理解できないかと思われます。   拍手したり、褒めると、伸びるタイプです。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月10日(木)
やっと、上野の東京都美術館で開催中(9/19~12/13)のモネ展にひとり行ってきました!


(国立博物館を望む上野公園は素晴らしい!)

今回のモネ展は、パリ、マルモッタン美術館所蔵のもので、究極のモネ展だそうです。

マルモッタン美術館は、パリの中心からちょっと離れていることもあって行ってなかったので・・・それにモネといえば、好きな画家のひとり!行かない訳にはいきません!!


(東京都美術館)

マルモッタン美術館の目玉はなんといっても「印象・日の出」です!
ところが、この「印象・日の出」の絵は、最初の一ヶ月だけで他の作品に代わってしまいました。
うかつだったなぁ・・・(ノ_-。)

代わって展示されたのが「サン・ラザール駅」という機関車の蒸気もくもくの絵です。
まあ素晴らしい作品ですけど、有名に弱い僕には、その差は大きすぎます!
しかも「サン・ラザール駅」の作品は12点くらいあるそうで、秀作はオルセーにもありますが、これはそれに比べるとなー・・・でした。

作品はB1、1F、2Fに展示されていて、B1からほぼ年代順に展示されています。
印象に残った作品は、「トゥルーヴィルの海岸にて」、「オランダのチューリップ畑」、1903年作の「睡蓮」。
「睡蓮」はやたら多いのですが、展示番号63番の「睡蓮」です(笑)

晩年になるほど、集中力もなくなるんでしょうねぇー、描きこみが足りないというか、それに目も見えなくなってきたせいか、色もキツかったりの作品が多いなぁという感じがしました。
近くにいたおばさんも、晩年のはよくないわね~…みたいなこと言ってました。

モネの秀作は、オルセー美術館とか、いろんな美術館にたくさんあります!ただこのマルモッタン・モネ美術館は、「印象・日の出」がないと、なんとなく物足りない印象でした。
なに言ってるんだ!という方、すみませんm(_ _ )m

僕がもっとも好きな画家はルノワールで、次がモネですが、今まで見た絵の中で、最も好きな絵はモネの「アルジャントイユの赤い帆船」という作品です。
16~7年前、渋谷のMUSEUM bunkamuraで催されたオランジュリー美術館展で見たのですが、そのキラキラした絵は本当に感銘を受け、心打たれました。

パリに行った時、その絵を奥さんに見せてあげようとオランジュリー美術館に行ったら、只今修繕中って言われ、見れませんでした(><;) そういう運命なんですかね。


(オランジュリー美術館)


(オランジュリー美術館の睡蓮の部屋)

さて、このマルモッタン美術館モネ展ですが、東京の次に3月から京都で開催されるそうで、「印象・日の出」も再び展示されるそうですよ♪

拍手[0回]

PR

12月2日(水)
江戸東京博物館で開催中の特別展「浮世絵から写真へ」に行ってきました。

元からの絵好きですが、浮世絵にも興味を持ち出しまして、それに古写真は当家にも山ほどあることから、古写真も好きですので、これは見に行かないわけにはいきません!(笑)


(両国駅。左には国技館、スカイツリーが見えます)

両国駅から江戸東京博物館は歩いてすぐのところです。





1860年頃から日本にも写真技術が伝わり写真館も出来てきたようですが、それまでの肖像画から肖像写真へ移行していったのかもしれません。
全部で250点余りでした。
じっくり見ていたので、疲れない様にときどきベンチに座るように心がけました(笑)

ここで、慶応から明治初期の台紙は、佐藤家に残されている近藤勇肖像写真や土方歳三肖像写真と同じタイプの台紙を使っていることが理解できます。
幕末期の後藤象二郎肖像写真は慶応2〜3年のもので、また上野彦馬、内田九一、鎌田永弼の三人の写真は明治5年のもので、台紙のタイプも同じです。
以前、古写真研究家などは、台紙が当時のも
のではないとの見解でしたが、それが誤りであることが分かりました。

明治期には様々な実験をしていたようで、「1700人の赤ん坊」という写真は、沢山の赤ちゃんの顔がコラージュされたものは驚きでした。

大相撲の優勝写真が代々、国技館に展示されていきますが、あれはカラー写真ではなく、白黒写真に油絵で描いたものだそうです。
油絵は色落ちがしにくいそうで、わざわざそういった手法を使うらしいです。
かなりでかいものなので、油絵で描くのも大変そうだなぁ・・・


(白鵬の優勝額は写真に油絵です。これのみ撮影可)

拍手[1回]

「オルセー美術館展」を観に、
都営大江戸線の六本木で降りて、新国立美術館に行ってきました。

「オルセー美術館展」は、4年前にもこの美術館であったらしいので、「またかよ!」という方もいらっしゃるかと思いますが、またかよ!の割に混んでました。

印象派好きなので、パリのオルセー美術館も行ったんですが、ここの収蔵作品なのに、本場で展示されてないのがありまして、それが今、東京に来ているんです。

それなら観にいかなきゃと思い、ひとりで行くつもりが、福子も行くというので、ふたりでいったんです。

そうしたら、混んでたんです。
そのうち、やたら混んできまして、おばさんたちでいっぱいになりました。

場所によっては、ババアが押し寄せて、作品もまともに観れません。
ジジイは作品を近くで観るのを諦めて、ババアたち越しに観てました。

ああ、かなし・・・

拍手[5回]

あついemoji中、プーシキン美術館展を見に、横浜美術館に行ってきました。

ロシアはフランス絵画の宝庫だそうで、
アングル、ドラクロワ、ミレー、印象派のモネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、そしてピカソやマティスなど、
かなり沢山のコレクションがあるそうで・・・

なかでも、ルノワールの印象派時代最高の肖像画と評される≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫は、最大の見どころということらしいです。

確かに、女性の肖像画が魅力的で、ポスターやチケットにこの絵が使われています。



夏休みの平日ですけど、行ってみると、長蛇の列!!!
ほぼおばさん!!!

本物を見ると、やっぱり感動がありますね。



やっぱりルノワールは好きだなぁ・・・と思いました。



拍手[2回]

油絵を描いたことがある人なら、分かると思いますが
水彩画とは描き方が全く異なるのです。

初めて間近に油絵を見たのは、小学4年生の時でした。
クラスメイトの4人ほどだったでしょうか、油絵をやり始めたのです。
描いた作品は、教室後ろの棚の上に並びおかれました。
それを見て、油絵独特の塗りの厚さに驚嘆し、自分でも描いてみたいと思いました。

家に帰って試したのが、水彩絵具にサラダ油を混ぜて
画用紙に描いてみました。
結果は水彩画ではないけど、油絵画でもない。

隣りの家のお兄さんがその絵を見て、「これ油絵なん?」
と言うので、「違う、水彩絵の具に、サラダ油混ぜて描いたん」
と言うと「じゃあ、油絵だんベ」
「そうかなぁ???」

やはり、本物で描いてみたいとの思いがもたげ
結局、父に頼んで、油絵セットを買ってもらいました。
うれしかったな・・・

拍手[4回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/16 えみーご]
[12/15 From弘前]
[03/24 めぐ]
[09/13 K]
[01/19 隊長@流山隊]
プロフィール
HN:
chu
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]