忍者ブログ

佐藤彦五郎新選組資料館、ビートルズ、旅行、絵画、新選組、佐藤彦五郎と土方歳三の姉のぶ直系子孫・福子の旦那、などについての日記。この難解な日記は、たぶん最低3回読まないと理解できないかと思われます。   褒めると伸びるタイプです。

ピョンチャンオリンピック、あっという間の2週間。
けっこう見ました!感動しました!!、、、

冬季オリンピック、これまでよく見てた競技は、「アルペン滑降」とか「ジャンプ」とか、、、それから「フィギュア」とか「スピードスケート」「ノルディック複合」「アイスホッケー」、、、「ボブスレー」とか、、、

ところが、今回は上記以外にも、スノボ関係で「ハーフパイプ」もよかったけど、面白かったのが「スノーボード・クロス」。
4人で障害物コースをジャンプしたりターンしたりして、選手同士接触したりしながらゴールを目指すのです。
あとは、よく放送していた「カーリング女子」

感動した競技もいくつかありましたが、スピードスケートの小平奈緒選手とかフィギュアの怪我をしてながら金を取った羽生選手とか、、、でももっとも感動的だったのが、ジャンプの高梨選手が飛んでメダル確定した時、駆けよって祝福した伊藤有希選手です。
「伊藤有希に真っ赤なメダルを」というネットの記事を見たら、再び感動させられました。泣けるなぁ、、、

日本人以外だと、フィギュアのザギトワ選手。感動というよりすごい!これが中3か!
前回のソチでも、リプニツカヤの演技で驚いたけど、今回、メドベージェアやザギトワの演技にびっくり!しかもエキシビションのトラのコスチュームに再びっくり!、、、ほんとに中3か?!
でも自宅でのザギトワの映像は子供でした(笑)


かわいいですね


トラが吠えてるイメージかも知れないけれど、なんか違うことを思った自分が悲しい、、、

拍手[1回]

PR

2月3日は、毎年、佐藤福子が高幡不動尊節分会で豆撒きをさせていただいてますが、今回は長女が代わりにやりました。

今回のゲスト・・・つのだ☆ひろさん、寺泉憲さん、藤原浩さん、岩崎愛子さん、キティちゃん、ピーポくん、等々は常連ですが、
レギュラー以外のゲストは・・・照英さんと相田翔子さんです。

照英さんとは、平成16年の大河ドラマ「新選組!」島田魁 役をされた時、お会いして以来でした。
相田さんとは、テレビ画面で見て以来でした。


2004年大河ドラマ「新選組!」の時


14年後・・・「豆撒き!」の時


ついつい・・・

拍手[0回]

今年は平成30年ですが、西暦でいうと2018年で、1月14日(日)は日野市消防団の出初式でした。

毎年、多摩川河川敷のグランドで行われます。
出初め式の一番の難敵は、お天気です。
快晴を願うわけですが、晴れても寒い、強風、これも大敵です。
昨年の出初め式はやたら寒かったのですが、今回は快晴でまずまずの出初め式日和でした。
ただ風は強めです。



この出初式の日、団員は行進をして、整列して、いろんな人たちのご挨拶を聞き、各々の表彰があり、その他いろいろと行事があるのですが、その度「気をつけー!」「かしらーーなか!」「休めー!」をやります。
結構疲れます(-。-;)

ところが、今回は第一分団から2名が国旗掲揚係りということで、僕がやることになりました。
行進や整列することはなく、掲揚塔のところに居っぱなしです。

毎年、毎年、この国旗掲揚では、君が代と掲揚がぴたりと合わず、歯痒い思いで見ておりましたが、やっと僕が「国旗掲揚とはこうやるのだっ!」と見本を見せるときがやってきました。

まず、国旗掲揚係が呼ばれ、練習を2度ほどやりました。
合いませんでした(ー ー;)emoji
僕が揚げる方で、もうひとりの団員が式典閉会時の国旗降納でしたが、まあ練習はこんなもんだろうと思いました。
戻ると
「毎年あれだけ文句言ってたのに、佐藤さんもダメだったじゃないですかぁ」と言われ
「(笑)まあ、本番はバッチリ合わせるからさぁ」と言っておきました。

さて、通しの予行練習が始まりました。



で、国旗掲揚は?
これぞ完璧な国旗掲揚だぁ!・・・まさに君が代と頂点到着がピッタリ!\(^-^ )

さてさて、本番は?
団員は勿論のこと、長のつく方々、議員等ご来賓の皆さん、市民の皆さんが起立して、「国旗掲揚に注目!」の場面です。
いよいよ歴史的瞬間がやってまいりました。

強い風になびく日の丸は、「♪こぉけぇのぉ〜むぅすぅまぁぁでぇ〜(演奏のみ)」とともに、ぴたりと頂上へ!堂々と青空にたなびいたのでした。emoji\(^o^)/
さすがですな( -。-)y-~~





ちなみに国旗降納もピッタリでしたよ!



拍手[3回]

横浜の「神奈川県庁」と向かいの「横浜開港資料館」に行ったって話ですけど、
前回もタイトルが「横浜県庁」となっているのは単なるミスですΣ(゚д゚;)
ただ、神奈川県を横浜県と間違えたのではなくて、横浜で県庁に行ったという
ことで、そうなってしまったのです。emoji

さて横浜開港資料館では『横浜・地図にない場所』という企画展で、僕の誕生
日が最終日という、フィナーレを飾るにふさわしいステキな企画展です\(^o^)/

ふむ、、、7月17日かぁ


入口からしておしゃれな雰囲気のある洋館ですねぇ、、、

入館料200円を払って館内へ。

(チケットとパンフ)

ただ、館内展示品は撮影禁止なので、どんな企画展なのかは、僕の説明の力量
にかかってきますが、たぶん僕の力では理解するのは困難かと思います。
1階と2階に常設展、2階に企画展があったような、、、何しろ、見学してか
ら随分日にちも経っているので(ノ_-。)
横浜の変遷を、古い地図や写真などで当時を振り返ってみましょうって感じでし
た。

横浜村、平沼塩田、魚市場、横浜監獄、海水浴場などがあったそうです。
開港して外国人が住み始めたこと、関東大震災や太平洋戦争などで復興するた
び、消えていったようです。

1階に幕末当時の横浜港のパネル写真がありましたが、これは土方歳三らが、
鳥羽伏見戦のあとに船で、また明治2年に市村鉄之助が箱館から横浜港に降り
立った頃、こういう風景を見たのかな?と感慨深い写真でした。


(幕末時の横浜港:図録の写真のコピーです)

館外に出て、内庭に大きな樹がありましたが、これはあの有名なペリー上陸
の絵の右にある樹だそうです。


アフラックのCMでは、ペリー来航の時には加藤もいた!絵



反対側の門から出たら、「日米和親条約締結の地」の碑が建っていました。


司馬遼太郎展から3回にも渡った横浜物語、この辺で終わらせていただきます。
お後がよろしいようで、、、ペコペン

拍手[0回]

いまごろになってなんですが、司馬遼太郎展の続きを書かせていただきます。
昼食後、「神奈川県庁」と「横浜開港資料館」を見にいきました。

ここに行こうと思ったのは、古い西洋建築を見たいというのと、「横浜の地図にない場所」とかいう企画展を見るという理由からです。
これらの建物は、地下鉄の「日本大通り駅」で降りるとすぐあります。
最初、日大通り駅と読み間違えて、日本大学があるのかと思ったら、幕末に出来た日本初の西洋式街路の名前だそうで、、、明治8年に「日本大通」と名付けられたそうです。ウキペディアに書いてありましたσ(^_^;)

さらに、『計画段階での仮称は「県庁前駅」であった神奈川県からは「県庁」の名を残すよう要望され、さらに横浜市港湾局から「大さん橋」も名称に加えて欲しいという要望が出されたため『県庁・大さん橋』の副名称が付いた。』とこれもウキペディアです(˘◡˘)
普通、「県庁前駅」となりそうですが、歴史的な観点からしたら「日本大通り駅」でよかった気がします。

さて、横浜の県庁ですが、いい感じに古いです。
1階のロビーと屋上は一般見学できるようです。


ロビーはこんな感じです。


階段の両側にあるランプ


小さくて古いエレベーターで屋上へ。
屋上から港も見えますよ。


白いビルの向こうに赤レンガ倉庫が見えます。


横浜税関


横浜の古い建築の写真展示室もありました。

この後、横浜開港資料館へ・・・

拍手[0回]

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/11 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[05/16 えみーご]
[12/15 From弘前]
[03/24 めぐ]
[09/13 K]
プロフィール
HN:
chu
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]