忍者ブログ

佐藤彦五郎新選組資料館、ビートルズ、旅行、絵画、新選組、佐藤彦五郎と土方歳三の姉のぶ直系子孫・福子の旦那、などについての日記。この難解な日記は、たぶん最低3回読まないと理解できないかと思われます。   拍手したり、褒めると、伸びるタイプです。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月12日(日)
福子新選組倶楽部のイベントで、「ザ★刀剣」展(東京富士美術館)を見学しました。
都心の美術館にはよく行っている僕ですが、この東京富士美術館のことは全く知らなくて、
今回のザ★刀剣展で、土方歳三の刀を展示のお話しがあって初めて知りました。

美術館の集合時間がちょうど昼時ということで、その前に美術館内にある「セーヌ」で、
サクさんも一緒にランチをすることになりました。
天気もいいので外のテーブルに行きましたが、これがなかなか気持よかったです。



「セーヌ」はフレンチレストランらしいのですが、パスタが充実していて、これってイタ
リアンぽい系フレンチかなー?・・・
でも、ここは展示テーマに合わせた料理もあるらしく、刀剣ランチを頼んでみましたよー。
なにが刀剣なのかと思ったら、サクさん曰く、長ナスがどうも刀を表しているらしいです。



さて、集合時間も近づいてきたのでロビーに行くと、皆さんお揃いなので受付を済ませ、
ご入館となりました。



奥に行くと土方歳三さんが待っていてくれたので、一緒に記念撮影をしました。


(僕のとなりが歳さんです。表情にこそ出しませんが、歳さんも嬉しそうです。)

13時から14時半まで、刀匠・月山貞伸氏と学芸員の鴨木氏のトークセッションで、鴨
木氏の計らいで、全員上席でした。

刀匠・月山貞伸氏はお話しも上手く、刀の作り方についても分かりやすく解説していただ
きました。



長い刀をすり上げた時に、銘が切れて無くなってしまうことがあるとのお話しがあり、当
資料館の彦五郎の刀が、それなんだろう・・・と納得できた気がしました。
というのも、刀の幅や鋒(きっさき)の長さからして、もっと長い刀だろうと考えていた
からです。それに溝(樋)がずっと茎の最後まで彫られていて、随分すり上げた刀であり、
そのため、銘が無いのだろうと思いました。


(一見、月山先生がバイオリンを弾いているように見えますが、実は刀をカメラで撮って、
後ろのスクリーンで映すという技でございます)




(刀身をなるべく良く見てもらうための透明のアクリル製の刀台)

トークセッション終了後には、特別に月山貞伸先生との集合写真を撮らせていただきまし
た。


(僕のとなりが月山さんです。表情にこそ出しませんが、月山さんも嬉しそうです。)

その後、ミュージアム・シアターで「百錬精鐵」月山の誕生や刀を製作するまでの映像を
見ました。

最後にいよいよ刀剣展示の鑑賞となりました。
今回の展示では、約40振りの刀が並んでおりましたが、それはそれは壮観というかすご
い!です。土方歳三の「越前康継」も当資料館での展示とは、また違った趣きで素晴らし
いものでした。


(越前康継の刀身。左手奥にはフルベッキ写真。スタッフ腕章をつけて撮りました)


(特別にスタッフを腕章をお借りして撮りました。ダイヤモンド富士ならぬダイヤモンド福子ですかね。)

他にも四つ胴截断の虎徹など、名刀が展示されていました。


大太刀は刃長が136.5cmもあって、ちょっと見、小舟かと思いましたよー。


この日は、月山貞伸先生を撮り続けているテレビ東京の撮影隊もいて、倶楽部会員のK
さんもインタビューされていました。
7月に放送されるそうです。
それについては、またお知らせできればと思います。


(ブラジル写真展コーナーに、素敵なホテルの古写真)


(常設展には、ルノワールの絵画など西洋絵画がありました。下見の時)


現行のHP 佐藤彦五郎新選組資料館

拍手[1回]

PR

渋谷文化村ミュージアムにて、ボストン美術館所蔵の「俺たちの国芳・わたしの国貞」展が公開中ですが・・・
実は佐藤家にも2人の浮世絵画があったんですよ。

この間、館長が「浮世絵画、あるわよ」と言ったので、「東海道五十三次の他に?」と言うと、別物だとのこと。
現在、東海道五十三次・上洛絵図の巻物を展示中ですが、それとは全く違う味わいの浮世絵の巻物です。



公開は検討中ですが、60作以上の巻き物ゆえに、あまりにも長いものです。

江戸の文化として、いつか展示できればと思っています。

拍手[0回]

次回17日の開館日は、土方歳三の佩刀「越前康継」の刀身を展示いたします。
また3日に特別展示した「徳川御用箱」は、好評につき、5月5日までの展示となります。

4月17日(日)の特別展示資料
●「越前康継」葵御紋・刻印の刀身(4/17~5/15)
●「和泉守兼定」の脇差の刀身(4/3~5/15)
●「徳川御用状箱」葵御紋の御用箱(5/5まで)
●「申渡書」 苗字御免 慶応4辰2月(5/5まで)
●「申渡書」 武州一揆の節 出張 相働に付き褒美 慶応2年10月(5/5まで)

以上5点の特別展示となります。

是非、ご来館ください。

拍手[2回]

当資料館では例年、土方歳三の命日にあわせて、歳三の愛刀・徳川家の拝領刀「越前康継」の刀身を展示しておりますが、今年は当資料館開設10周年を記念して、歳三の佩刀に加え、近藤勇の佩刀、「藤原照門」を特別展示いたします。

また併せて、昨年好評を得ました「和泉守兼定」の脇差の刀身展示もございます。
常設の彦五郎の大太刀展示を加え、4振りの刀身が一堂に会することとなります。

土方歳三、近藤勇、佐藤彦五郎の刀身が並びますので、この機会に是非ご覧下さい。

4/17〜5/15 土方歳三愛刀、越前康継・葵御紋の刀身展示。
4/29〜5/15 近藤勇佩刀、藤原照門展示。
4/29〜5/15 和泉守兼定・脇差の刀身展示。

 開館日4月、5月 開館時間11:00〜16:00

 4月  3(日) 17(日) 29(金祝) 30(土)

 5月  1(日) 2(月) 3(火祝) 4(水祝) 5(木祝)

     7(土) 8(日)【ひの新選組まつり10時〜16時
〔7土、8日の2日間は、市村鉄之助が佐藤家に届けた土方歳三の写真、近藤自身が彦五郎に手渡した近藤勇の写真を展示いたします〕

       15(日) 刀身展示最終日

拍手[4回]

日本テレビから電話で連絡があり、2014年8月23日に放送された、「嵐にしやがれ」が、長崎国際テレビで、3月29日(15時55分~16時52分)に再放送されるとのことです。

放送の数日前に「幕末ロマン課外授業」で「もしも杏さんと嵐が、新選組になったら」というテーマで「日野宿本陣」と「佐藤彦五郎新選組資料館」、それに「日野館」で撮影ロケが行われました。

日野宿本陣と当資料館の見学は、杏さんのご希望だったそうです。

撮影は、大変暑い日でしたが
狭い館内は、杏さんと嵐の皆さんのオーラでいっぱいになりました。

福子が自己紹介をしたところ、杏さんが
渡辺多恵子さん(「風光る」の作家さんです)に、佐藤彦五郎新選組資料館に行くことをお話したそうで、福子のことも少しご存知のようでした。

渡辺多恵子さんはとても素敵な方です。


撮影の後、待ち時間があり、少しお話しさせていただきました。
杏さんは、収録後も熱心に聞いてくださり、よくご存知で、とても歴史が好きな印象でした。・・・さすが歴女と呼ばれているだけのことはあります。
写真も気さくに応じていただき、大変感じの良い女優さんでした。

今回は長崎国際テレビですが、また他の放送局での再放送の際は、またご連絡いただけるそうですので、ブログ等でお知らせいたします。

拍手[3回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/16 えみーご]
[12/15 From弘前]
[03/24 めぐ]
[09/13 K]
[01/19 隊長@流山隊]
プロフィール
HN:
chu
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ [PR]